「シンガポールに住むなら、コンドミニアム?HDB?」賃貸物件情報

シンガポールのお部屋探しガイド第1弾として、居住用の賃貸物件のタイプの違いをご紹介します。お好みに合う物件を見つけるのにお役立てください。

【1.コンドミニアム】

プール、ジム付きが当たり前!?

日本人にとって最も一般的で人気な賃貸物件が、コンドミニアムです。豪華な外観!

コンドミニアムは、日本でいう高級分譲マンションにあたるもので、一般的に、出入り口に24時間体制で警備員が配置されていて、セキュリティーがしっかり管理されています。そして、なんと!プールやBBQピット、フィットネスジムなどの共有施設が標準完備となっております。

日本ではプール付きのマンションなんて、なかなか見つけられないですよね。シンガポールに住むなら、是非プールやジムが付いたコンドミニアムでの生活お楽しみください。

コンドミニアム プール

オリンピックサイズのプールの付いたコンドミニアムは、ご家族連れに人気です。

フル・ファシリティー・コンド

プール、ジムが付きの物件といっただけでも豪華ですが、中には、パーティーなどができる多目的ルームやテニスコート、スカッシュコート、プレイグラウンドやサウナなどの施設(ファシリティー)を完備した物件もあり、それらは、フル・ファシリティー・コンドと呼ばれています。

シンガポールに住む外国人の多くがコンドミニアムで暮らしています。

【2.HDB】

シンガポール人に大人気!HDB

シンガポール人国民の約8割が暮らしている物件が、HDBと呼ばれる公団住宅です。シンガポールの国家開発省管轄の住宅開発庁(Housing Development Board)が、シンガポール国民のために需要にマッチさせて提供する公団住宅で、HDBの新築は政府が設定したルールに基づき、シンガポール国民に借地権付きで販売されます。結婚前提のカップルしか買えない、独身の場合は〇歳以上でないといけない、等、ルールはとても興味深いです。ヘヤギメスタッフの友人のシンガポール人カップルも、新築のHDBを二人の名前で頭金を入金し、購入したと話してくれました。”絶対に結婚するんだ!”と。万が一、結婚に至らなかった場合には、購入することはできず、頭金は没収されてしまうとのこと…。

コンドミニアムと比較して安価ですが、シンガポール国民ないしシンガポール永住権を持つ既婚者しか購入することができません。しかしながら、外国人も賃貸して住むことはできます。賃貸する場合においても、家主と借主双方、住宅開発庁が定めたルールを守る必要がありますので、しっかりとした事前のルール確認が必要となりますが、シンガポールを深く知るのに最適な住宅です。

HDBならではの利便性

敷地内はコンドミニアムとは違い、だれでも自由に出入り可能となっています。一般的なHDBにはプールやジムといった共有施設はなく、設備もシンプルですが、1階にホーカーセンターやスーパーがあることが多く便利です。

高級HDB

HDBはコンドミニアムと比べて比較的安価ですが、中には、高級HDBと呼ばれる物件があります。代表的なものが、「ピナクル・アット・ダクストン(The Pinnacle @ Duxton)」50階建ての超高層で日本人にも人気のタンジョンパガーにそびえたちます。屋上は、有料ですが、入居者以外も立ち入ることができます。

【3.アパートメント】

コンドミアムとHDBの中間の賃貸住宅として、アパートメントがあります。 コンドミニアムのような共有施設やセキュリティー管理などがない、シンプルな私設の集合住宅です。

【4.サービスアパートメント】

長期出張や転勤直後の家探し期間の住まいとしても最適

サービスアパートメントは、コンドミニアムにホテルのようなサービスが付加された住居になります。基本的に1週間から借りられ、調理器具や食器など生活に必要なものが全て整っていて、すぐに暮らし始めることができます。掃除やタオル交換のサービスや朝食も提供されます。中にはマレーシアのゴルフ場会員権が使えるサービスアパートメントも。短期間から借りれるので、長期出張の方や転勤直後の方にも人気がございます。

【5.戸建て住宅】

シンガポールでは戸建て住宅を一般的にランデド・プロパティー(Landed Property)と呼んでいますが、庭付き一戸建てはバンガロー・ハウス、2軒が壁を共有するセミ・ディタッチ・ハウス、数戸が壁を共有するテラスハウスという種類があります。政府により街の美観が維持されている為、住人の町内清掃などというような慣習はありませんし、ごみ収集も毎日家の前からしてもらえますのでご心配なく。

【6.ショップハウス】

ショップハウスは、1階がお店か事務所、2〜3階が住居として使われていた、イギリス植民地時代からある建物です。政府により街並みが保存されている都心部に散在しています。よく京都の長屋のような造りと言われますが、通りに面した間口は狭く、奥行きがあります。何しろ下水道のなかった時代に建てられたものを改修して使っているため、色々と不具合もありますが、大変風情のある住宅です。

日本とは異なる住宅事情となりますが、気になる住居タイプはございましたか?みなさんのシンガポールでのお部屋探し、しっかりサポートさせていただきますので、お部屋探しの際は、ヘヤギメ!シンガポールにぜひご連絡ください。

この記事のタグ
ヘヤギメ!編集部
ヘヤギメ!編集部編集者

ヘヤギメ!編集部です。シンガポールでのお部屋探しのコツや、街・お住まいの情報を発信しています。